肩関節専門

肩関節治療のスペシャリストが周辺疾患に対してリハビリから手術まで、専門的に治療を行います。
肩関節疾患、肘関節障害、スポーツ障害に対して、診断、リハビリ、もしくは原因となる身体の問題を明確にし、体幹トレーニングなど運動療法を実施します。
万が一、手術が必要な場合には、関節鏡視下手術により、外側の正常組織を殆ど損傷せずに内部の病変部位の修復を行います。
“五十肩がなかなか治らない”、”脱臼が癖になっている”、”肘が痛いのは投球フォームが悪いからと言われているがどうしたら良いか分からない”など、お悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

担当する主な疾患
反復性肩関節脱臼、腱板断裂、肩関節拘縮、投球障害肩・肘、野球肘、肩関節周囲炎

反復性肩関節脱臼

ケガなどを契機として肩関節の脱臼が起こり、それが癖になって軽微な外傷でも肩が外れるようになってしまった状態を言います。ひどいと寝がえり程度でも外れてしまうこともあります。肩関節内の靭帯が伸びたり剥がれたりして機能せず、なかには骨折を伴っているケースもあります。従って、治療は手術にて壊れた骨や靭帯を元に戻す必要があります。関節鏡視下バンカート法と呼ばれる手術で、壊れた関節包(関節の一番内側の靭帯)や骨を修復する方法を用います。

腱板断裂

腱板断裂とは、肩甲骨と上腕骨をつないでいる腱板という腱が切れてしまったものを言います。
50歳以降に好発します。外傷を契機とすることが多いですが、外傷がなく発症することもありますので、五十肩として扱われている場合も多いようです。症状は、夜間痛、動作時痛を訴えることが多いです。治療は、まず注射や理学療法などの保存療法を行います。手術が必要な場合は、関節鏡視下で手術を行います。

肩関節拘縮(外傷性、糖尿病性)

肩関節拘縮とは五十肩に代表されるような、疼痛と関節可動域制限を主症状とする疾患です。
五十肩とは、上記の症状が、明らかなきっかけがなく疼痛(特に夜間痛)が出現し、肩関節の動きが制限されてくるものを言います。多くの五十肩には、痛みの強い時期は注射療法が、痛みが和らぎ関節可動域制限が主たる症状の時期には理学療法が奏功します。ただし、外傷や、糖尿病に合併した拘縮の場合は、手術をしたほうが良い場合があります。手術は関節鏡視下に、硬く厚くなった関節包を切離します。

投球障害肩・肘

投球障害肩・肘とは、野球などオーバーヘッド動作でボールを投げたり打ったりするときの痛みを訴えるスポーツ障害です。治療は、理学療法が中心で、肩・肘に負担のかからないフォームが遂行できるような体作りを行います。既に肩関節の腱板や関節唇が傷んだり、肘の内側の靭帯が緩んだりした場合などには手術を必要とすることがあります。

提携医療機関

東京女子医科大学病院、聖路加国際病院、船橋整形外科病院

担当医師

安井医師田崎医師