小児整形外来

小児の運動器疾患を専門的に治療します。
先天性股関節脱臼や内反足といった小児の運動器疾患を主に治療しています。
小児整形外科は、運動器疾患や外傷の治療を、成長による変化を考慮しながら行うことが特徴です。
成長に伴う運動器の形の変化、身長・体重の増加による運動器への負担の増加といった点を念頭に置いて、運動器の持つ問題がお子さんの成長発達の妨げにならないように治療を計画しています。
手術治療が必要な場合は、連携機関へご案内します。

担当する主な疾患
先天性内反足、内転足、尖足、外反踵足などの小児足部疾患
脊柱側弯症、脊椎先天異常
O脚、X脚、うちわ歩行などの下肢アライメント異常
大腿骨形成不全、脛骨列欠損、腓骨列欠損、骨系統疾患などの先天性の運動器の疾患
筋性斜頚、成長痛、骨端症といった小児疾患
脳性麻痺のリハビリ

担当医師

山本医師