院長挨拶

院長 服部幹彦

院長 服部幹彦
Mikihiko Hattori

2014年4月に生まれ育った下北沢にクリニックを開業いたしました。
痛みや、体の能力の低下に伴う体の変化は、肉体的苦痛のみならず、精神面での自信、活発といった前向きな活力さえ失います。

当院では、運動療法と栄養バランスの観点から、傷害による治療のみだけなく、より良い体の状態を目指して治療します。

怪我の治療といった技術的な問題だけでなく、患者様の考えに基づき共に目標設定を行い、怪我や加齢などで低下した身体能力を高めることで、患者様に「前向きな気持ち」になって頂き、様々なことにチャレンジしていくサポートをしていきたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

クリニックコンセプト

クリニックコンセプト

当院では、施設全体での医師・理学療法士・トレーナー・管理栄養士が連携して 治療と予防法を提供いたします。
地域の健康向上を目標に、患部の治療だけでなく、患者様自身のご要望をもとに身体全体のコンディションの向上・機能回復、 新たな疾病の予防を行います。

患者様にも分かりやすい運動評価基準により、現在のご自身の身体の状態を 知って頂き、治療や予防に取り組んで頂ける環境作りを致します。

院長略歴

略歴

代沢小学校卒業 テキサスイレブン所属・世田谷リトルリーグ所属
富士中学校卒業 サッカー部所属
平成7年3月 日本医科大学卒業
平成9年4月 日本医科大学大学院入学
平成14年3月 日本医科大学大学院卒業

チームドクター

プロゴルファー
大山志保選手 ・ 比嘉真美子選手
松山英樹選手 ・ アン・ソンジュ選手
女子アイスホッケーナショナルチーム
アジアリーグ 日光アイスバックス
東洋大学アイスホッケー部
FCトレーロス

サポートチーム

ビックカメラソフトボール部
日立ソフトボール部
下北沢成徳学園バレーボール部
駒澤高校サッカー部
保善高校サッカー部
東海大高輪高校サッカー部
専修大学サッカー部
明治大学アメリカンフットボール部
青山学院大学アイスホッケー部
法政大学アイスホッケー部
専修大学アイスホッケー部
明治大学女子ラクロス部
中央大学野球部
法政大学野球部
黒田電気 バスケットボール部
The American school in Japan(ASIJ)
柔道 高橋和彦選手

専門医

日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 脊椎病医
義肢・装具適合判定医
日本体育協会公認ドクター
日本医師会認定 産業医
日本抗加齢学会 専門医
日本整形外科学会 スポーツ認定医

学会活動

2011年11月 臨床スポーツ医学会発表
2012年 5月 日本抗加齢学会発表
2012年 8月 日本経絡研究会講演
2012年11月 臨床スポーツ医学科会発表
2013年 5月 抗加齢医学会発表
2013年 7月 日本ペインクリニック学会 ランチョンセミナー講演
2013年10月 日本臨床スポーツ医学会 チームドクターミーテイング講演
2015年11月 日本医師会(浜松医師会)健康スポーツ医講演
2016年 9月 日本整形外科スポーツ医学会 パネルデイスカッション講演

所属学会

日本整形外科学会
日本抗加齢学会
日本臨床スポーツ医学会

社会活動

日本オリンピック委員会医科学スタッフ
世田谷区特技委員
日本テコンドー協会評議員
日本アイスホッケー連盟医科学委員
奥多摩森林セラピー顧問
新宿鍼灸柔整専門学校顧問

活動実績

1998年 長野オリンピック 選手村診療所派遣ドクター
2007年 2月 冬季アジア大会 日本代表チームドクター
2007年 3月 世界選手権 DIVⅠ チームドクター
2008年 4月 世界選手権 チャンピョンシップ(ハルピン)
2008年11月 バンク―バーオリンピック最終予選(中国上海)
2010年 4月 世界選手権世界選手権チャンピョンシップ(フィンランド)
2011年 2月 冬季アジア大会(カザフスタン)
2012年 4月 世界選手権 DIVⅠ(ラトビア)
2013年 2月 ソチオリンピック 最終予選(スロバキア)
2013年 4月 世界選手権 DIVⅠ(ノルウエー)
2014年 2月 ソチオリンピック 女子アイスホッケー スマイルジャパン チームドクター
2015年 4月世界選手権 チャンピョンシップ(スウエーデン・マルメ)
2016年 4月世界選手権 チャンピョンシップ(カナダ)

PRP療法に関する研究・講演等

2011年 TOBI Platelet Rich plasma therapy seminar (Los Angeles)修了
2011年 日本医科大学再生医療科、京都大学再生医療研究所、日本医科大学整形外科と共同研究開始

PRP療法に関連した学会発表

2011年11月 臨床スポーツ医学会発表
2012年 8月 日本経絡研究会講演
2012年11月 臨床スポーツ医学科会発表
2013年 7月 日本ペインクリニック学会